設備メンテナンス

2019/03/12埼玉県吉川市
汚水槽新設工事

汚水槽新設工事

排水管が勾配不良や経年劣化で排水不良を起こし、汚物などが配管内で滞留してしまい、虫の発生や異臭などの不具合が出てしまいました。

都度、排水管洗浄など行っていましたが、頻度が多くなってしまった為、工事を御提案しました。

横引き管が長く、勾配のみで押し流すには無理があるため、汚水槽を新設しポンプで圧送する提案を行いました。


設置箇所床面ハツリ工事

設置箇所床面ハツリ工事

設置箇所のコンクリートやアスファルトを剥がして、土間の掘削を行います。
ユンボ用ステージ設置

ユンボ用ステージ設置

ユンボを入れて土間の掘削を行います。

ステージを組んだのは1段上がっている構造になっている為、ユンボのアームが当たってしまうからです。

ユンボ搬入

ユンボ搬入

組んだステージにユンボを搬入します。
掘削作業後

掘削作業後

ユンボで汚水槽の設置位置を掘削しました。

既設排水管も出てきたため、傷つけないように手掘りと機械とうまく使い分けながら作業しました。

新規汚水槽、排水ポンプ類

新規汚水槽、排水ポンプ類

汚水槽は樹脂製のタイプを選定し、ポンプも家庭で使えるような100V電源のポンプを選びました。

交換もし易く価格も比較的に安価なものです。

汚水槽搬入

汚水槽搬入

ユンボで吊り上げて設置箇所まで移動させ、位置を確かめながら設置しました。
排水管組み込み

排水管組み込み

新規排水管を施工し汚水槽に繋ぎ込みます。
床面埋戻し

床面埋戻し

土間を埋戻し、仕上がったコンクリートが割れない様にメッシュの筋を入れました。
作業後

作業後

コンクリートで表面を仕上げます。

手直ししては乾かしてを繰り返し行い、時間を掛けて仕上げていきます。


戻る