設備メンテナンス

2017/04/20港区
電気温水器逃し弁交換工事

電気温水器逃し弁交換工事
経年劣化により、弁体が緩くなり、常に弁体が若干開いて、圧を抜く音が常に鳴っているので交換を実施しました。

作業を終えて

交換をして、規定の値で動作するようになり、常に音が鳴ると言うのも解消されました。

 

この建物では設置時期が同時期のようで、他にも数箇所の逃し弁交換をさせていただきました。


戻る