エコルNEWS

2019/01/01
新年あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 

弊社も今年で31年目を迎えます。

会社を設立したのはちょうど私が40歳の時です。若気の至りで無計画に始めたものですからお金がありません。当時懇意にさせていただいていたお客様に、支払いを早めていただき社員のお給料に使わせていただきました。1年ほど融通していただき大変助かった覚えがあります。今でも大変感謝しております。

 

開始当初は殆ど大手ビルメンテナンス会社の清掃を中心とした下請け業務でしたが、少しずつ自社契約を増やして、30年度は約半分ほどになりました。

設立後10年ほど過ぎた位から、直接受注を少しずつでめざしましたがなかなか増えませんでした。しかし、世の中にインターネットが普及して自社のホームページを作った頃から、引き合いが少しずつ増えて来るようになって来て、現在に至ります。

 

弊社には、窓ガラス外壁清掃チーム、設備メンテナンスチーム、床清掃チーム、外装工事チーム、日常清掃チームとありますが、それぞれに特徴があります。

 窓ガラス清掃では、日本ガラスクリーニング選手権大会で6回優勝しています。設備チームは通常は専門業者に外注委託するポンプ交換や直結給水工事が自社施工できます。床清掃チームは椅子のクリーニングや大理石及び御影石の染み抜きや研磨などができます。外装工事チームは、近隣の防災活動を通じたご縁を大事にしてご紹介仕事を多く受注しています。私共の特徴は何でしょうか?「やはりエコルさんは他の会社とは違うよね」と言ってもらえる仕事をするとしたらそれは何をすれば良いでしょうか?これは簡単なことではないですね。

 

良い仕事をするのは当然ですが、答えの一つは「あいさつ」ではないかと考えています。実はこれにはあるお話があります。私共の知り合いの会社の社長がお客様にご要望を聞いたところ「挨拶をして欲しい」と言われて驚いたそうです。忙しく仕事をしている最中に挨拶しろと言われても困るよ!と言う声が聞こえて来そうですが、挨拶ならお金も掛からない、とにかくやってみようと実行してお客様に大変喜ばれたとのことです。実はこれはDVDにもなっていて視聴することができます。

 

「あいさつは仕事に優先する」私共も朝礼の標語として毎日唱和しています。

エコルのメンバー全員が気持ちの良い挨拶の出来る人間になって、お客様に喜んでいただければ大変嬉しいです。

 

代表取締役社長 日吉俊行



戻る