メルマガバックナンバー

vol.23
駐車場排水ポンプの交換作業に関するお客様から質問を頂きました

先日、お客様からブレーカーが落ちて周囲が停電するというご連絡があり、下見にお伺いしました。

その状況は、
 1) スロープ状の半地下駐車場に小さなピットがあり、ポンプは1台設置してありました。
 2) その1台しかないポンプをコンセントに挿すと、ブレーカーが落ちて周囲が停電する
    という、排水ポンプの絶縁不良(漏電状態)でした。

今回のように1台しかないポンプが壊れたら、代わりがないので、大変な状態です。
下見調査、見積をさせて頂き、交換工事を実施し、試運転・調査を行い作業は無事終了しました。

 

 
  左:新規ポンプ 右:不良ポンプ
  ※奥に見える、グレーチング(蓋)を開けている場所が排水槽


■この下見の時にお客様からの質問にお答えさせて頂いた時の内容です。■


お客様:このポンプが故障したのはなぜでしょうか?

 エコル:配線や器具の絶縁物が経年で劣化したのだと思われます。


お客様:この排水ポンプはなぜ1台しかないのでしょうか?

 エコル:設置スペースが狭すぎるので「止むを得ず」だと思います。
      通常の場合、設備的には2台設置で、しかも専用電源が理想的です。


お客様:故障の原因が絶縁不良であれば、新規交換ではなくそこだけ直せば良いと、
     おもうのですがどうでしょうか?


 エコル:絶縁不良の原因は、ケーブルの断線、モーターコイルの断線、
      内部のリレー不良、端子部の不良など考えられる点はいくつかあります。
      こちらのポンプは7年以上経っており、完全な分解整備を行うとかなり費用
      がかかります。
      ポンプの容量が3.7KW位までのポンプであれば、新品交換した方が安く、
      しかも耐用年数が延びる為、新規交換をお勧め致します。


いかがでしょうか?もし、ビル・マンションのポンプがおかしいな?と思ったら、
ポンプ交換に関してのサイトをご覧下さい。
http://www.pumpkoukan.jp


戻る