外装工事・メンテナンス・清掃

2019/01/12新宿某ビル
漏水補修

漏水補修
メイン画像は作業範囲の一部ですが、シールの劣化や肌割れが見られます。こういう個所から雨水が侵入し躯体の劣化や漏水の原因となりますが、カーテンウォールだとこのような個所が点在し、特定が難しくなります。

作業風景1

作業風景1

補修にはまず、既存シーリングを撤去します。
作業風景2

作業風景2

撤去後養生・プライマー塗布と続きます。

作業風景3

作業風景3

新たなシーリング材を充填・形成して補修完了。

今回は写真のような流れを怪しいと思われる範囲に対し行いました。

作業を終えて

既存のお客様からの引合で、窓枠からの漏水でした。

ただカーテンウォールの為、原因の特定が難しく、怪しい箇所の周辺をひとまず補修しようという流れとなりました。

 

結果、無事に止まり喜ばれましたが、カーテンウォールはどこも怪しくやはり難しいなと思った事例です。


戻る